焼酎の種類

世界中で製造されている様々な蒸留酒は、決まった原材料で造られていることがほとんどですが、焼酎には決まった原材料がないと言ってよいほど多種多様で、日本各地で生産される様々な作物が原材料として使用されているのが大きな特徴です。その中でも芋、米、麦は生産がさかんで日本各地でその味が楽しまれています。

【原材料】
焼酎は、地域によって原材料が変わる非常に珍しい蒸留酒で、日本で生産される様々な作物が原材料として使われています。主な原材料としては芋、米、麦など。また珍しいものでは栗や胡麻など、その種類も様々です。

【製造工程】
焼酎の造り方は、地域や原材料により多少変わってきますが、以下にご紹介する方法が最もスタンダードな焼酎の製造工程です。

1.原料の処理
2.製麹
3.一次発酵
4.二次発酵
5.蒸留
6.熟成